もう一度七夕の夜を楽しんでみませんか?

明日8月23日はお盆過ぎて暑さ和らぎ涼しい風を感じる頃『処暑』です。

今年の暑さはなかなか厳しい日が続いております。

皆様にはお変わりなくお過ごしでしょうか?

ところで、新暦の7月7日の日は梅雨のさなか雨模様のお天気でした。

今年は七夕を楽しむことはできなかったとあきらめていませんか。

 

お子さまともう一度今年『伝統的七夕の日』8月24日の星空を楽しん観てください♪♪

国立天文台 ほしぞら情報 2012年8月 

★七夕は年に一度だけ天の川をわたって織姫と彦星が合うことを許された中国伝来のお話です。

★ 国立天文台は二十四節気を元に定めた『伝統的七夕の日』には夜空の星を楽しで見ようと呼びかけています。

七夕の食べ物というと『そうめん』です。 平安時代に「七夕にそうめんを食べると大病を患わない」と言われていたとか。

宮中でそうめんを食べる行事があったそうで、それが一般庶民に広まったようです。

小木人形の『お子さまの行事の料理』でも七夕料理をご紹介しております。

雛人形・五月人形・破魔弓・羽子板・人形のまち岩槻 小木人形

雛人形・五月人形は人形のまち岩槻 小木人形

(岩槻工業団地内) 赤ちゃん授乳室完備

人形のまち岩槻まつり

2012年 人形のまち岩槻まつりが行われました …。

昨日の花火大会は天候不安定の中、きれいな花火が打ち上がりとても良かったです。

今日は暑い一日となりましたが、にぎやかな人形のまち岩槻まつりでした。

人形のまち岩槻まさつりジャンボひな段は実際の婚礼が執り行われます。新郎新婦様おめでとうございます。

 

岩槻の総鎮守様の神職様が神の前で祝詞奏上し、三三九度の盃を交わす儀式を三献の儀も執り行われ、新郎新婦が神前で誓いの詞を読み上げる儀式もあります。

さいたま市長様方が神前に玉 串を謹んで供えられ、大勢の方たちの祝福を受け滞りなく式をあげられました。

大勢の方々のおかげで素晴らしい人形のまち岩槻まつりが無事に終了いたしました。

また、来年も熱いお祭りになりますように♪

ひな段飾りのおひなさまの役割と飾り方

  • 最上階   内裏雛 二人の間には桃の花を浸したお酒が乗った『三方』がおかれ、両脇に『雪洞』が立ちます。
  • 2段目    三人官女  お姫様にお仕えをする侍女。左右の女官は杯にお酒を注ぐ『銚子』を持ちます。
  • 三段目    五人囃子  『能』の囃子方 『太鼓』『大皮鼓』『小鼓』『増え』『謡』と並びます。
  • 四段目      随身     向かって左に『右大臣』、向かって右に『左大臣』二人ともお殿様の音もをするくらいの高い『官人』です。
  • 五段目   仕丁(衛士) 宮中の雑用係の人たちです。 また、向かって左端に『右近の橘』向かって右端に『左近の桜』を置きます。
  • 六段目   箪笥、長持ち、鏡台、裁縫箱、火鉢
  • 七段目   お駕籠、重箱、御所車  

 

  雛人形・五月人形・破魔弓・羽子板・人形のまち岩槻 小木人形

雛人形・五月人形は人形のまち岩槻 小木人形

(岩槻工業団地内) 赤ちゃん授乳室完備

応挙の藤花図と近世の屏風 展 根津美術館

昨日「根津美術館」へ行ってきました。

応挙の『藤花図』はとっても美しい屏風でした。根津美術館 応挙の藤花図と近世の屏風 展

金地に藤の花房を描いた屏風です。

その藤の花房一房一房冴えのある表現がとても素晴らしいです。

藤の花びらの表現に白を塗りその上から紺と紫を重ね合わせて複雑な色合いとボリュームを出しています。

『キラキラと輝く宝石が降ってくるかのような表現は、きわめて斬新です。』と説明をいただく通りで、一房が目にしっかり飛び込んでくるようです。

 

 

ところで、黄帝は霧の中で方角を見失わないよう、常に南を指し示す「指南車」を作ったり、また、舜帝は五弦琴を弾き歌を詠うと天下が良く治まったという古代中国の伝説な皇帝は徳川などの為政者にとっては好まれその二人の皇帝を描いた屏風 狩野探幽による『両帝図屏風』はまた、違った味わいを楽しめます。

まだまだ、沢山素晴らしい屏風ばかりです。

会期は2012年7月28日(土)~8月26日(日)

  雛人形・五月人形・破魔弓・羽子板・人形のまち岩槻 小木人形

雛人形・五月人形は人形のまち岩槻 小木人形

(岩槻工業団地内) 赤ちゃん授乳室完備

歴史を楽しむ一日でした。

昨日は東京 (江東区、墨田区) を楽しんできました♪

江戸東京博物館 『二条城展』を是非に観に行こう!!

松尾芭蕉 史跡展望庭園先ずは「清澄白河駅」を下車し万年橋を渡って、芭蕉記念館を見学し、史跡展望庭園へと向かいました。

史跡展望庭園では変貌をしてゆく江戸の様子を船で楽しむ風景を目にしました。

もちろん松尾芭蕉の像を私は不思議な気持ちで眺めていました。

続いて隅田川の芭蕉の句碑芭蕉稲荷神社を左手に見て万年橋を渡り「清澄庭園」へと向かいます。

芭蕉の句でとても有名な「古池や かはづ飛び込む 水の音」。

の石碑が清澄庭園の園内に建てられていました。

もとは隅田川の川岸にあったものを移設したようです。

小木人形の店主は芭蕉吟行句をホームページに投稿させていただいておりますので、ご覧いただければうれしいです。

 

芭蕉記念館 

今回は「深川めし」は無理のようで、残念です。次回は必ずいただきます。

いよいよ、清澄白河の駅から両国へと向かい「江戸東京博物館」へと行きます。

江戸東京博物館 開館20周年記念の見逃せない特別展示「二条城展」です。

夏休みとあって、自由研究の課題にでしょう。お子さまを見かけました。

うれしいですね。小学生らしいお子さまの熱心さには感心させられました。

ところで、案内パンフレットにあった障壁画は見事にすばらしい。

それは、徳川家康公の築きあげた二条城であればこそと感ぜずにはいられませんでした。

徳川将軍家と御水尾天皇の関係も理解することもできました。

今年は関東地区で東京国立博物館でのボストン美術館、根津美術館でのメトロポリタン美術館所蔵の特別展が開催されました。

日本美術の素晴らしさを充分に観賞する機会がもてました。ありがとうございました。

また、これからもこういう素晴らしいチャンスは見逃さないようにしよう。と改めて感じています。

  雛人形・五月人形・破魔弓・羽子板・人形のまち岩槻 小木人形

雛人形・五月人形は人形のまち岩槻 小木人形

(岩槻工業団地内) 赤ちゃん授乳室完備

残暑見舞い申し上げます。

8月7日は『立秋』でした。

7月の半ばに多ケ谷人形の奥様と二人で夏の花の美しい山百合を見に森林公園に行きました。

秋の七草 女郎花、桔梗、撫子夏の炎天下にも秋の七草の女郎花、桔梗、撫子の花を見て、秋を感じながら楽しんでまいりました。

ところで、立秋とはいってもまたまだ暑い日が続きます。

ロンドンオリンピック、また夏の高校野球と熱い応援をされていらっしゃると思いますが、お体ご自愛下さいませ。

 

人形のまち岩槻では8月無19日開催の『岩槻まつり』の準備も進んおります。

元岩槻区役所の【ジャンボひな段】の舞台づくりの作業の様子です。

足場もしっかりと、がっちりと組み上げてひな段にしています。

とにかく出来上り完成すれば見事なひな段飾りです。

 

 

岩槻まさつり ひな段セット

  雛人形・五月人形・破魔弓・羽子板・人形のまち岩槻 小木人形

雛人形・五月人形は人形のまち岩槻 小木人形

(岩槻工業団地内) 赤ちゃん授乳室完備

人形のまち岩槻まつり 開催のお知らせ

2012年 8月19日(日) 人形のまち 岩槻まつりが行われます。

小木人形の雪洞ジャンボひな段 (間口10m・高さ8m) は見逃せませんね~ぇ。

毎回小木人形の店舗の前に飾られています雪洞も岩槻祭りに役立たせていただいております。

  • ジャンボひな段
  • 人形仮装パレード
  • 万燈みこし
  • お内裏様・おひな様 結婚式
  • よさこい踊り

開催日/8月19日 日曜日 PM3:00~PM8:30

会 場/旧岩槻区役所・岩槻駅東口周辺 他区内各所

主 催/岩槻まつり実行委員会

問合せ/さいたま商工会議所岩槻支所   ℡ 048-756-1445

  雛人形・五月人形・破魔弓・羽子板・人形のまち岩槻 小木人形

雛人形・五月人形は人形のまち岩槻 小木人形

(岩槻工業団地内) 赤ちゃん授乳室完備